いで×のん 冒険しない日記

ゲームとか日常とかを書いています

わたしの4キャラ使い分け(1)

 すでに何度か書いていますけど、わたし個人では、予言者育成アカウントを4つ持っています。もちろん4アカウントともちゃんと予言問題に取り組んでますし、また大アルカナ戦にもちゃんと出ています。

 そんなキャラの使い分けについて、現状の方向性を書いておきます。

 

【イデーア】

f:id:ide2f:20170508190256p:plain

 サービス開始(去年の2月半ば)当日はトラブルも多くて参加を見送っていたんですけど、ドラクエ内の知り合いが続々とプレイ始めていたこともあって、4日後くらいに参加したものです。そのため、登校日数も予言テスト挑戦問題数も、初日組に比べると若干少ないです。なお、入学後は欠かさず毎日ログインしてます。

 初期は完全無課金で様子を見ようというのと、あと予言問題の勝手もわかっていなかったことですので、各問題で2点まで予知するようにしていました。しかも旗(自信あり)システムもよくわかってなくて、最初の20問くらいはどの問題にも旗立てしなかったという問題が。

 そのため初期の成績はあまりかんばしくなく、2点縛りのわりには何とかなってるかな程度の正答率でした。最初に正解するまで、たしか8問くらいかかりましたし。2期終えたあたりで、たしか正解率40%、自信あり正解率25%くらいだったはずです。

 

 全員一般スタートだった1期はともかく、2期も特待止まり。当時は「全プレイヤーの上位15%が超特待」というシステムでした(特待は忘れましたけどたしか50%くらいだったかと)。その後、5期あたりから「1問以上答え合わせしたプレイヤーの15%(超特待、現在は25%)」に改められ、そこで超特待対象人数が激減するのですけど。大アルカナ実装後の3期から超特待入りしたわたしもクラス維持のため、4期のはじまりから2点縛りを撤回して、確実そうな問題でも4点程度、スポーツなどの不確定要素ある問題は8点全点予知をするようにしました。

 その結果、4期ごろから正答率は一気に上がります。まあそもそも、全点予知が当たり前になったあたりで上位プレイヤーは正答率95%前後になっていましたけど、わたしはその頃でも正答率60%乗ったあたりだと思います。自信あり率も30%くらい。

 そんな「正解して当たり前、旗で差がつく」状態は不健全でしたので、9期あたりで4点制限がつくようになり、その後は全体的に正解率が下がる傾向なんですけど、わたしはその後もじりじりと正解率が上がり続けて、今は正解率80%を超えてます。さすがに自信あり率は40%届いてませんけど。

 予言問題にはそれなりに取り組んでいますけど、12期(去年8月後半)でオリンピック関連問題が大量に出たあたりで不正解が続出し、13期(9月前半)で屈辱の特待落ちをしていますけど、すぐ復帰して14期以降はずっと超特待を続けています。ここ最近は2桁順位も時々記録してますし。

 

 逆に、ずっと無課金であるがゆえに大アルカナ戦は苦戦しています。守護アルカナこそ、当時苦しくて準備できなかった3期のラファエルさんこそA止まりでしたけども、その後のアルカナクイーンコンテストで運よくSが手に入りまして。4期のミカエル以降は全てSにしましたので、現状手に入る守護アルカナは全てSになっています。でも、使役アルカナのほうはSが42枚、SSが31枚、S3以上はゼロにとどまります。

 まあ、無課金でもほんとはもうちょっと成績上げられるはずなんですけど、現状で無課金だけでなく「神託召喚・限定召喚」を記録上一度もひいていないのもあるんですよね。正確にはゼロではなくて、成績の記録として残るようになる以前に10連をたしか2回ほどしてるんですけど、記録上は残ってませんw

 なぜ神託召喚縛りしてるかといいますと。当初は、守護アルカナをSにするための元手として毎期ごとに1万アメ残してたところから始まるんですけど、その後の3万アメばらまきなどでも「もったいないから」というところで、守護アルカナ捕獲などの理由を除いてアメひたすら貯めてたんですね。そうやって、気づいたらアメ20万・・・。

 そんな事情から、大アルカナ戦の成績はキャラレベル(Lv300ちょっと)と比べると明らかに劣っていて、超特待で貢献率5%届かないくらいの成績にとどまっています。・・・まあ、SS以上のアルカナ確保が事実上、月のかけらを使うアルテミス召喚に限られていることもありまして、全く選べてないんですね。

 

 現状では、予言問題については、超特待維持のために予知は保守的で、人気選択肢や倍率低い選択肢を優先して押さえていますし、倍率への執着心も低いです。一応「神格大穴」の称号は持ってますけどね・・・。

 一方、大アルカナ戦については、参戦率は高めですけども成績はいまいちです。時間帯的に強い人たちと一緒になることが多く、その中では足を引っ張るほうなので、正直居づらさはあるんですけどね・・・。

 

 意外と長くなったので、続きはまた今度…。